平成30/ 2018-12-19 17:43
オーバレイ
 アプリケーション側がメモリに書き込む内容を制御すること。
 現状、メモリ容量が大きくなったこと、仮想記憶方式の仕組みがあることで、あまり利用されていない。
 ゲームでは現在でも、セクションごとに、DVDからロードするものが多い。

オーバーレイ (情報工学)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%82%A4_(%E6%83%85%E5%A0%B1%E5%B7%A5%E5%AD%A6)?
メモリのオーバーレイとは、使用可能なアドレス空間以上の大きさのプログラムを動作可能にするプログラミング手法である。
オーバーレイは、ある時点で必要な命令列やデータのみをアドレス空間上に置くという考え方が基本となっている。他の命令列が必要になったら、それまで別の命令列が置かれていたメモリ上の領域に必要な命令列をロードして使用する。仮想記憶をサポートする以前のコンピュータシステムでは、このような手法で実装している主記憶装置の容量以上の大きさのプログラムを実行した。オーバーレイは仮想記憶と違って完全自動あるいは透過的ではなく、プログラマが明示的に指定してやる必要があった。システムによってはオーバーレイは常に二次記憶装置からロードされたが、別のシステムでは一次記憶装置(メモリ)に余裕があればオーバーレイもメモリ上にロードしておき、アドレスを必要に応じて入れ替えてやることでメモリオーバーレイを実現していた。後者の方が高速だが、大容量のメモリを必要とする。

オーバレイ
http://itpro.nikkeibp.co.jp/word/page/10000259/
プログラムが大き過ぎて主記憶に入り切らない場合や主記憶領域を節約するために,プログラムをいくつかのモジュールに分割し,必要なモジュールだけを主記憶に置いて実行させる方法。実行中,不要になったモジュールは外部記憶装置に退避し,代わりに必要なモジュールを主記憶に読み込む。

オーバレイ方式と仮想記憶システムの違い
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1223981.html
最近のコンピューターでは、オーバーレイ方式なんて使うことはないでしょう。例外はゲーム機で、場面が進むごとにプログラムをDVDからロードしていくようになっています。

#key#オーバレイ