平成30/ 2018-12-14 11:06
プログラミング コーディング 違い
http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:FBH8aQOCujoJ:xirasaya.com/%3Fm%3Ddetail%26hid%3D200+%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%80%80%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%80%80%E9%81%95%E3%81%84&cd=9&hl=ja&ct=clnk&gl=jp&source=www.google.co.jp

確かにHTMLだろうがjavascriptだろうがPHPだろうが、
コードを組むので「コーディング」という言い方ができる。

しかしHTMLを「プログラミング」とは言わない。
聞いたこともない。

このことから、
「コーディング」の中に「プログラミング」という言葉が内包されていると言える。

そういう意味ではプログラミングもコーディングだと言える。

実際PHPなんかも符号(一定のルールに基づくデータの集まり)化されているわけだし。

さて、HTMLなどのマークアップを行う言語は、
タグを配置し整理し、それにより表現をしていく。

しかしそこには「処理を考えて組み込む」というようなことはない。

「処理を考えて組む」ことが入るとそれはプログラミングと呼べる。
ここがプログラミングとコーディングの決定的な違いだと思う。


プログラマはプログラムを組む人で、
プログラミングはプログラムを組むことを指し、

コーダーはコードを組む人で、
コーディングはコードを組むことを指す。

具体的にはPHP、javascript、C、VBなんかはプログラミングで
HTML、XHTML、XMLなんかはコーディング。