平成30/ 2018-10-24 08:56
Linux diff

diff -cb org.html new.html
> -c はコンテキスト形式という意味。見えやすくなるので指定してる。
> -b はスペース無視。


*** /org.html      Tue Apr 26 20:17:15 2011
--- index.html  Mon Feb 14 19:40:03 2011

> 以下は[ new.html ]で[ org.html ]を上書きすると、org.htmlの[ - ] の部分が削除されちゃうよ!という意味。
***************
*** 45,64 ****
          $publicMode = 1;
          $options["status"] = "999999999999";
        }
-
-     if(isset($_GET['mode']) && $_GET['mode']=='end2') {
-           if($workData = $recruitsProperty->getOne2($id, 0, $options, $publicMode)) {
-               if($workData['company_id'] == $companyId) {
-                   $workId = $workData['id'];
-               } else {
-                         $invalid = 1;
-                       }
-           } else {
-              $invalid = 1;
-               }
-     } else {
-
-
            if($workData = $recruitsProperty->getOne($id, 0, $options, $publicMode)) {
                if($workData['company_id'] == $companyId) {
                    $workId = $workData['id'];
--- 45,50 ----

> 以下は得に解説なし
***************
*** 68,74 ****
            } else {
               $invalid = 1;
                }
-       }

  } else {
      $invalid = 1;
--- 54,59 ----
***************

> 以下は[ new.html ]で[ org.html ]を上書くと、org.htmlに[ + ]の部分が追加されちゃうよ!という意味。
*** 104,109 ****
--- 89,98 ----
                }
        }
  }
+
+ require_once "../../details/index.tpl.html";
+ exit;
+
  ?>
  <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
  <!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
***************

> 以下は[ new.html ]で[ org.html ]を上書くと、org.htmlに[ ! ]の部分が変更されちゃうよ!という意味。
*** 117,123 ****
  <meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css" />
  <meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript" />
  <title>プレビューページ</title>
! <link rel="stylesheet" type="text/css" href="../common/css/import.css" media="all" />
  <script type="text/javascript" src="/manage/common/js/jquery.js"></script>
  <script type="text/javascript" src="/manage/common/js/script.js"></script>
  </head>
--- 106,112 ----
  <meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css" />
  <meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript" />
  <title>プレビューページ</title>
! <link rel="stylesheet" type="text/css" href="/common/sogo_css/import.css" media="all" />
  <script type="text/javascript" src="/manage/common/js/jquery.js"></script>
  <script type="text/javascript" src="/manage/common/js/script.js"></script>
  </head>


(参考)
http://ja.wikipedia.org/wiki/Diff
http://x68000.q-e-d.net/~68user/unix/pickup?diff
オプション
-c context diff 形式の出力をする。
-u unified diff 形式の出力をする。
-e ed diff 形式の出力をする。普通は使わない。
-r ディレクトリを比較したとき、その下のサブディレクトリを再帰的にたどっていく。
-a テキストファイルとして比較する。
-b 空白・タブの数の違いを無視する。
-i 大文字・小文字の違いを無視する。
-B 空行のある・なしの違いを無視する。
-y 2つのファイルを、横に並べて表示する。
十分な端末の横幅がないと見にくくなってしまう。-W オプションで横幅を指定できる。
-W -y オプションを付けたときの、横幅を指定。
% diff -y -W60 file1 file2
⇒ 差分を横に並べて表示。横幅は60文字。
-q ファイルが同じかどうかだけを表示する。