平成30/ 2018-10-23 22:01
VBS cscript フォルダのファイル一覧 ファイルの中身の部分抽出
cscript bat.vbs で実行できる。
-----
Set objFSO = WScript.CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set objFolder = objFSO.GetFolder(".\")

WScript.Echo objFolder.Path & "内のファイル:"
For Each objFile In objFolder.Files

  
   If InStr(objFile.Name, ".html") = 0 Then
       Exit For
   End If

   Set objInFile = objFSO.OpenTextFile(".\" & objFile.Name,1)

   claim_id = ""
'ファイルのオープンが成功(ファイル有り)のときはErr.Numberが0
   If Err.Number=0 Then

      'ファイルの内容を全部読み終えるまでループ
      Do Until objInFile.AtEndOfStream = true

         'ファイルの内容を1行ずつ読み込む
         strRecord = objInFile.ReadLine
         If InStr(strRecord, "資料請求番号") > 0 Then
             'WScript.echo strRecord
             claim_id = strRecord
             Exit Do
         End If

         '読み込んだ内容をコンソールへ表示
         'WScript.echo strRecord

      Loop

      'ファイルのクローズ
      objInFile.Close

   'ファイルのオープンが失敗(ファイル無し)のときはErr.Numberが0以外
   End If

  'WScript.Echo "  " & objFile.Name
  'WScript.Echo objFile.Name & " " & objFile.DateCreated & vbTab & claim_id
  WScript.Echo objFile.Name & " " & objFile.DateCreated

   Set objInFile = Nothing
Next