平成30/ 2018-12-16 11:40
MYSQL/ODBC ドライバー 2018.06.05

Download Connector/ODBC
http://dev.mysql.com/downloads/connector/odbc/
で、
最新もしくは、
「Looking for previous GA versions?」で
接続先のMYSQLバージョンと同じものを選択し「Download」を実行する。
( Access のアーキテクチャは 32ビット(2018.6.5時点)らしいので、Accessで利用する場合は 32bit のものをインストールする )

ログインや、Sign In があるが、
「No thanks, just start my download.」
のリンクからダウンロードできる。

インストール後、
コントロール パネル\システムとセキュリティ\管理ツール
でODBCを実行できる。

もし、64ビット版でなく、32ビット版をインストールした場合で、管理ツールに無い場合は、
C:\Windows\SysWOW64\odbcad32.exe
で実行できる。


#### アカウント入力しても、接続できない場合

( SSL connection error ) の場合。
ODBCのバージョンと、MYSQLのバージョンが異なっているかもしれない。


( Connnection Failed:[HY000][MySQL][ODBC 5.2(w)Driver] Connection using old(pre-4.1.1) authentication protocol refused(client option ‘secure_auth’ enabled) )
MYSQLユーザのパスワードが
41桁ハッシュのパスワードで無い場合に表示される。

なので、
41桁ハッシュでパスワードを登録し直せばいい。
弊害としては、古いMYSQLクライアントが41桁ハッシュパスワードをサポートしていないので、それが接続できなくなる程度。

// 41桁ハッシュを確認する。
select password('hogehoge');
*8888AAAAAAAAAAEEEEEEEEECCCCCCCCCEEEEEEEE

// 更新前のパスワードを保存しとく
9999b55555555555

// ユーザの存在を確認する
show grants for dbuser@'%';

// 41桁パスワードを登録する
set password for dbuser@'%' = '8888AAAAAAAAAAEEEEEEEEECCCCCCCCCEEEEEEEE';

// 以下は権限確認だが更新後のパスワードも確認できる
show grants for dbuser@'%';