平成30/ 2018-10-22 00:48
20130813


結果を出すためには「質」よりも「量」をこなして学習することが重要
http://gigazine.net/news/20130813-prioritize-quantity-than-quality/
Jennifer Dewaltさんはホームページなど作成する際に必要なコードを学ぶために、180日で180個のウェブサイトを作成することに挑戦しています。Dewaltさんは、驚くべきことに仕事もせずにこのチャレンジに挑んでいます。

身も心も燃え尽きないようにするための9つの方法
http://gigazine.net/news/20130502-avoiding-burnout/
* 朝の運動
運動はどんな種類でもよく、運動を行う時間も重要ではありません。毎朝運動することで心がクリアになり、脳内にエンドルフィンが出て正常な肉体状態を保ってくれます。
* 夕方の散歩
仕事に没頭している人たちは、職場や自宅で作業している際に仕事をいつ切り上げたら良いか分からないことも多いかもしれません。そのような人たちは夕方になって家へ帰る際に散歩をするとよいです。この散歩のタイミングで仕事を切り上げ、その日の出来事を振り返ることで、頭の中が整理されてリラックスすることが可能。
* 小説を読む
小説を読むことは、それまでの自分に無い創造的な考え方を生み出し、固定概念を取り除く手助けになります。


写真撮影のモチベーションを上げる「ひらめき」を生み出す7つの方法
http://gigazine.net/news/20130812-7-ways-to-get-inspiration-in-photography/
* とりあえず外に出て何でもいいから撮影する
写真家だけではなく多くのアーティストに通じることは、長い時間かけて最高のアイデアをみつけてから実行に移すということ。しかしながら、Sparksさんはとりあえず外に出て、どんな対象物でもいいのでシャッターを切りまくるとアイデアが突然浮かぶそうです。迷ったときは外出して撮影を始めることで、普段ならありえないと思っていた物や景色からインスピレーションを受けるとのこと。
* 一色にしぼって撮影する
違う色はそれぞれ異なるムードを持っており、例えば、ブルーはリラックス、オレンジやイエローはハッピーなどがあります。対象物の色を一色にしぼることで、今まで目にしたことのない写真の表情を発見でき、新しいアイデアが生まれやすいそうです。
* ストリートスナップを撮影する
ストリートスナップとは言っても、ファッション誌で目にする若者の服装を撮影したものではなく、純粋に人間が交差する場所である「道」を写真に収めるということです。たくさんの人が通る道には、その人の数だけストーリーがあるので、モチベーションが上がるようなアイデアが浮かびます。

学習するときにとても大切な6つのこと
http://gigazine.net/news/20130812-important-thing-in-learning/
* うわべではなく本質を学ぶことが大切
表面的な勉強ではありきたりな知識しか身につきません。応用の利く知識を身につけるためには、奥深くの本質的概念まで学ぶ必要があります。たとえこれまでの解法が通じなくても問題の本質は同じという状況に直面したときに解決できるかどうかで、その人が本質まで理解しているかどうか分かるのです。
* 基礎は一人でゆっくりと
先生と生徒が向き合ってするレッスンは、演習やチェックには向いているものの、基礎的な学習には向いていません。基礎的な学習をするには、生徒が好きな時に自分のペースで落ち着いて学習できるオンラインで行うべきです。

ひとりで勉強するには本当はどうすれば一番効果的なのか?
http://gigazine.net/news/20101216_how_to_study/
* 自分でテストする
テストの結果は大抵悪いものなので気分が悪くなりますが、セルフテストを行うことによって勉強したことを忘れる速度が低下することを心理学者は指摘しています。何かを1度勉強した後に、もう一度自分自身で自分にテストを出してみることによって、2回以上同じところを勉強するよりも効果が出ます。勉強して覚えようとするよりも実際に自分で自分にテストを出して解いた方が身につくし忘れにくい、ということです。
これはおそらく、本質的に理解していなければ問題を作ることは自分向けであっても作り出すことはできず、問題集をただ漫然と解くよりも、自分自身で自分向けにテスト問題を作った方が結果的に理解が深まるためだと思われます。
* あちこち場所を変える
勉強するときの場所をいつもと違う場所に変えることによって、より多くの情報を記憶することができるようになります。あちこち動き回り、いくつもの違う場所で勉強することによって、記憶が鍛えられます。同じ言葉に対していくつも違うものを関連付けすることによって人間の記憶は強化されるようになっており、場所を変えるという行動によって記憶をより思い出しやすくなる、というわけです。
要するに、「A」について勉強するとき、自宅と出先の両方で「A」について勉強すれば、やっていることは同じであっても、身を置いて勉強する環境が違うだけでより記憶しやすくなり、さらに思い出しやすくなる、ということです。つまり、行く先々で英単語帳を開いて勉強するであるとか、旅行先に持って行くであるとか、普段とは違う環境に移動する際にいつもしている勉強をしてみるとやたら覚えやすかったりするのはこれが理由なわけですね。「合宿」と称してどこかに行ってみたり、普段と違うファミレスや喫茶店、あるいは電車の中、新幹線の中で勉強するとやたらはかどるのもおそらくこれが理由です。
* いろいろな方法でアプローチする
フットボール選手が自分を鍛えるために、筋力トレーニングとスピードトレーニングの両方を行うことによってバランス良く成長するのと同じ理屈が勉強にも当てはまります。例えばフランス語の動詞を勉強するときに、動詞をただ目で読むだけでなく、声に出して話してみたりするのも混ぜる方がより効果的です。ただ黙々と読むだけでもダメ、声に出すだけをしていてもダメで、その両方を行うことによって効果が現れるそうです。
つまり、勉強するときには黙って読むだけでなく、時には声に出して読んでみたりするだけでも全然違ってくる、ということです。
* 時間的に間隔を置く
急いで学習した内容はそれと同じぐらいの速度で失われていきます。本当に学習したいのであれば、短い間隔を開けて、1時間ごとに勉強する、というようにした方がより効果的だそうです。
これは試験前に一夜漬けをしたことのある人であれば感覚的に理解できるはずですが、やはり本当に身につくのは短期記憶ではなく長期記憶ではあるものの、かといって数時間ぶっ通しで勉強するよりも、適度に間隔を開けて勉強する方がよいようです。
なお、言うまでもなく、「勉強したい!」という明確な動機付け、そして毎日繰り返すというこの2点は大前提です。


知り合ったばかりの相手とすぐに信頼関係を築く10の会話テクニック
http://gigazine.net/news/20130712-10-techniques-to-build-rapport-with-anyone/
* 会話の時間を制限する
例えば、バーなどで誰かに話しかけられると、少し気まずかったり不快に感じたりすることがあります。なぜこのように感じてしまうかというと、会話がいつ終わるかわからないためとのこと。ですので会話を始めるときは、もうすぐ帰らないと行けないのですが、など会話は長くならずすぐに終わる旨を相手に知らせます。このテクニックは相手が自分に対して感じる危険性を和らげる効果があるそうです。
* 言葉を必要としないテクニックを使う
言葉を使用しないテクニックにはいくつかあり、1つは笑顔で話すということ。また、笑顔で頭を少し傾けると、自分はリラックスしていて相手を信頼している、という印象を相手に与えることができます。また、あごを上げると相手は見下されていると感じるので、できるだけあごを下げてコミュニケーションをとるほうがベター。
* ゆっくり話す
ゆっくり話すことは、相手にあなたを信用させる効果があります。また、ゆっくり話すことで、相手はより深く話を理解でき重要な事を伝える時にも効果的。
* 同情を誘うようなテーマ
ほとんどの人間は、他人から求められた助けを断った後にかならず後悔します。なぜなら人間は生物学的に、助けを求められると受け入れる構造になっているからです。
* エゴを抑制する
エゴを抑制することは最も効果的ですが、とても難しいテクニック。しかしながら、他人が欲しいことや必要なものを与えるよりも簡単です。2人の人間の会話中に起こっていることは、1人が会話をしてもう1人はその会話が終わるのを待っており、会話が終わると待っていた人間が先の会話よりも面白い話を始める、といった感じです。エゴを保留して相手の話を聞くようにし、相手が話した内容についてどう思うか伝えるとより信頼関係が生まれやすくなります。
* 相手を正当だと認める
相手を正当だと認めるには3つの方法があり、1つはただ相手の話を聞くこと。相手の話を聞いて自分の話などは放棄してしまいます。2つ目は相手を思いやること。思いやりを言葉や行動で示すことは、相手を正当だと認めるのにシンプルで効果的な方法です。3つ目は相手の考えと見解を認めること。相手の意見やアイデアを理解して、その上に自分のアイデアを構築すると、相手はあなたのアイデアに賛同するのでさらに効果的。
* どうやって?いつ?なぜ?と聞く
「はい」「いいえ」で返答できない質問を相手に投げかけることは、自分の言いたいことを考えないで話を聞いている、と相手に伝えることができます。
* 代償をつなげる
代償をつなげる、とはどういうことかというと、相手の情報を引き出したり会話を長引かせるためにあなたに関する情報を、会話の中に少しずつ織り交ぜるテクニック。
* プレゼントを渡す
プレゼントと言ってもこの場合は言葉のプレゼント、つまり、褒め言葉を指します。相手を褒めることは信頼関係を築くのに欠かせないテクニックとのこと。このテクニックのカギは意図せずに相手を褒めることです。意識して相手を褒めると、不誠実と思われる可能性があります。
* 自分の意志を管理する
自分の意志や目的を抑えて、自己の損失を顧みずに他者の利益を図るような利他的行動は、ラポールを築くのにかなり効果的です。
つまり、自分のエゴを捨て、とにかく相手のことを1番に考えることが、知り合ったばかりの相手とできるだけ早く信頼関係を築く近道になりそうです。

集中力を最大限に引き出すための5つのコツ
http://gigazine.net/news/20110224_maximizing_your_concentration_skills/
* 作業の目的を見つける
四六時中ずっと集中したままの状態にでいるのは難しいもので、どうしても途中で退屈したり、イライラしてきます。そうしたら、なぜ今の作業を行っているか確認してみてください。
例えば、会社の予算の使用許可を得るための申込書を書いているとします。申込書を書くこと自体は面倒なことかもしれませんが、それを作成している理由はとても重要なものです。また別の例を挙げると、特別な資格のために勉強しているとします。参考書を解くのはおっくうに感じてしまうかと思いますが、しかし、試験に合格すれば、憧れの職種に一歩近づくはず。
しっかりとした目的を持っていれば、仕事に対するモチベーションは上がりますし、モチベーションが高い時の方が意識せずとも集中力が持続するものです。
* 物事を始める前にプランを立てる
ある作業に取りかかったものの、作業量に圧倒されたり、どう進めてよいのか戸惑った経験は誰しもあるかと思います。それは取りかかろうとしている事柄の全体を見渡さず、個別の作業に直接取りかかってしまうせいです。
大きなプロジェクトやまったく新しい内容に取り組む場合は、仕事をどうやって進めていくか、数分間時間をとって考えてください。まず最初に行う必要がある作業は何なのか、現時点で足りない情報はないか、そして誰にどの作業を割り振るべきかなど、事前に考えることはいろいろあります。
計画をしっかり立てれば、作業を順調に進めるのはぐっと楽になります。逆に、計画を立てないと、作業途中に急に次に何をすべきか考えるために立ち止まる必要が出てしまい、集中力を著しく削いでしまいます。また、メールチェックやネットサーフィンも、作業を中断させて集中力を切れさせてしまいやすいので注意が必要です。
* 定期的に休息を取る
集中しようと躍起になるあまり、デスクに向かい続けてパソコンの画面をにらみつけるように凝視して、何時間もぶっ通しで働き続けている人も多いかもしれません。しかし、こういったやり方よりも、短時間の休憩を定期的に取る方がずっと効率的です。
本当に作業に集中していたら、一度に約45分以上も集中していることは容易なことではないため、脳にエネルギーを取り戻させるために休憩をとる必要があります。3時間通して集中して働こうとムリをして10分おきによそ事をするのではなく、「30分~1時間働いたら休憩だ」と思った方が気分も楽で、仕事も早く進みます。
* 集中できる環境を整える
オフィスにしろ自宅の書斎にしろ、どの場所で働くにしても、周りの人に対して集中しているのだとアピールする方法を会得することが大切です。例えば、家で本を読む時に、家族に「これから1時間、読書するから」と伝えれば、彼らはその間話しかけたりせずに放っておいてくれるかと思います。
また会社では、会社の雰囲気によりけりですが、許されるならオフィスでヘッドホンやイヤホンを着けて作業をすると、同僚に対して「今話しかけないでほしい」という静かなメッセージを送ることもできます。


しっくり来る勉強方法を身につけるための5つのステップ
http://gigazine.net/news/20100319_how_to_fit_studying/
* 勉強スペースを確保する
例えば、テレビをつけたままで集中できないし、そこら中が散らかっていてはノートと教科書を広げることもできません。勉強するためのスペースを確保することで、集中して勉強することができます。例えば、自宅の中で勉強用の部屋を確保したり、近所の図書館やコーヒーショップに行くのもいいでしょう。あるいは、車を持っている人はその中にこもるのもよい手段かもしれません。