平成30/ 2018-10-21 05:31
RapidSSL

RapidSSLはSSL証明書の中では安い。
5.15.2013現在、$15.95 です。(約1600円)

//____ 更新する場合。

事前にドメインの情報記載のE-Mailが、serverstatic.comで登録したものと一致するか確認する。
一致していなければ、ドメインの情報を更新しておく。
ドメイン情報は、Linuxの[ whois xxx.com ]のコマンドで確認できる。

メール記載の通常購入での更新方法より
以下のURLから更新手続きした方が金額は安いかも。
https://api.servertastic.com/invite.php?token=oo6no5ugm7XEw4Whc9GVl5x4opLCydHX2Ja7tZCcl5uI
以下からログインしたら上記URLまでたどり着けるかも。
https://www.servertastic.com/

基本的にはサーバに置かれてるCSR(自分で作成する証明書署名要求)をそのまま使えばいい。
servertastic.com的には新規発行が望ましいとのこと。

代替承認E-Mailがあるが、これを選択しなければ、ドメイン情報で入力したE-MailにCRT(認証局が証人した証明書)が送られてくる。
代替承認E-Mailは、admin@xxx.com のようにユーザ名が決められているので、その設定をしとかないといけないので、少し面倒くさい。

CRT(認証局が証人した証明書)が送られてくるので
サーバのCRTファイルに反映させればいい。

更新すると、1ヶ月プラスで有効期限が延長される。
僕の場合は、
2013/06/15の有効期限が
2017/07/15の有効期限に延長された。
なので、忘れないうちに早めに更新しとくと良いでしょう。