平成30/ 2018-12-17 10:53
sendmail


//____ メールヘッダのReturn-Pathを設定する
( 対象のドメインをローカルサーバで処理したい場合 )
vi /etc/hosts
>> BEFORE
127.0.0.1 localhost.localdomain localhost
<<
>> AFTER
127.0.0.1 xxx.com localhost.localdomain localhost
<<
/etc/init.d/sendmail restart
( sendmailに変更を認識させる為に再起動させる必要ある )


( 対象のドメインを外部サーバで処理したい場合 )
vi /etc/mail/sendmail.mc
>> BEFORE
dnl MASQUERADE_AS(`mydomain.com')dnl
dnl FEATURE(masquerade_envelope)dnl
<<
>> AFTER
MASQUERADE_AS(`xxx.com')dnl
FEATURE(masquerade_envelope)dnl
<<
/etc/init.d/sendmail restart


( Thanks. )
送信メールのFromアドレス、エンベロープ中のReturn-Pathを変更する
http://www.elc.ees.saitama-u.ac.jp/~kazuhito/sendmail.html



vi /etc/mail/access
cd /etc/mail
makemap -v hash access.db < access



//____ sendmail起動で、port25, 587が自動で開かないようにする。
vi /etc/mail/sendmail.mc
-
dnl DAEMON_OPTIONS(`Port=smtp,Addr=127.0.0.1, Name=MTA')dnl
DAEMON_OPTIONS(`Name=MTA')dnl
を以下に変更する。
DAEMON_OPTIONS(`Port=smtp,Addr=127.0.0.1, Name=MTA')dnl
dnl DAEMON_OPTIONS(`Name=MTA')dnl

それと

DAEMON_OPTIONS(`Port=submission, Name=MSA, M=Ea')dnl
を以下に変更する。
dnl DAEMON_OPTIONS(`Port=submission, Name=MSA, M=Ea')dnl
-

dnlがコメントアウト指すかは良くわからないし、上記でなぜPORTが開かなくなるかも良く分からないが、
sendmailは起動中であり、PHPのメール送信もできるので良しとする。

発端は、sendmailが停止していたことにより、PHPのメール送信ができなかった。ということ。メールログは以下。
Apr 16 12:19:46 localhost sendmail[6578]: r3G3JkPo006578: to=xxx@xxx.jp, ctladdr=apache (48/48), delay=00:00:00, xdelay=00:00:00, mailer=relay, pri=30162, relay=[127.0.0.1] [127.0.0.1], dsn=2.0.0, stat=Sent (r3G3Jkic006581 Message accepted for delivery)



//____ Thanks.
sendmail の Listen (待ち受け)するポートを変更する
http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:ZWQxsK1W_4IJ:www5.ocn.ne.jp/~m-shin/sendmail/sendmail-port.html+&cd=1&hl=ja&ct=clnk&gl=jp