平成30/ 2018-10-20 06:04
IPv4,IPv6

IPv4からIPv6にするメリットを調べてみた。
なんというか、将来の投資という面が強い。

IPv4だとIPが枯渇する。IPv6によりそれを回避できる。
しかし、現在のところ、IPv4とIPv6を共存することになるので、
IPv6とIPv4を接続するときの負荷がかかりそうだ。
つまり、IPv6により通信が遅くなる可能性がある。

IPv6によりIPが増えることにより、端末どおしをダイレクトに繋げるようになる。
携帯端末から、自宅のレコーダー( もちろんIPv6対応 )を操作できるようになると思う。

セキュリティ( 暗号化 )は、こちらで気にする必要なく、通常行われるという。

IPv6のWebサーバの設定はIPに16進数が使われることを気に掛けるくらいで、あとはIPv4と同じように設定( DNSとか、ネットワークまわり )すれば良さそう。

今現在( 2012.9.11 )ではIPv6による恩恵はIPv4によるIP枯渇の事前対応以外のメリットはなさそう。
通信早くなるわけでもなし、端末どおしをダイレクト接続できたとしても不具合が起きそうな感じがする。
IPv4の枯渇問題が本格的に騒がしくなってからで良いと思う。

( Thanks. )
IPアドレスとは(2) ~ 枯渇するIPv4と次世代IPv6 ~
http://yamanjo.net/knowledge/internet/internet_12.html

IPv6
http://ja.wikipedia.org/wiki/IPv6

■DNSサーバでのIPv6の設定
http://jprs.jp/tech/material/tip0002.html

IPv6が企業にもたらすメリットとは?
http://www.ntt.com/ipv6/data/about_04.html
http://www.ntt.com/ipv6/data/about_03.html

7 インターネット10分講座 IPv6
http://www.nic.ad.jp/ja/newsletter/No20/sec0700.html

#key#IP4,IP6,IPv4,IPv6