平成30/ 2018-10-24 06:41
Linux トラフィック 回線

iftopが分かりやすかった。
RXは受信パケット、TXは送信パケット、TOTALは送受信パケットの合計
cumは総流量、peakは過去40秒でのピークトラフィック値、
ratesはそれぞれ過去2秒、10秒、40秒の平均トラフィック値
kbの表示は、kbpsの意味。


1. ifstatus は、epelリポジトリからでないとyumできないのでyumできるようにダウンロードする。
wget http://ftp-srv2.kddilabs.jp/Linux/distributions/fedora/epel/5/x86_64/epel-release-5-4.noarch.rpm

rpm -Uvh epel-release-5-4.noarch.rpm --test
rpm -Uvh epel-release-5-4.noarch.rpm

2. インストールする
yum install ifstatus
yum iftop
yum nethogs


//Thanks. )
CentOS 外部レポジトリの追加(EPEL)
http://www.tooyama.org/yum-addrepo-epel.html

トラフィックをリアルタイムでグラフ化できるifstatusが便利
http://www.glidenote.com/archives/997

ネットワークの速度測定の色々
http://blog.tstcl.jp/?p=326

トラフィックの調査
http://www.jun2065.net/index.php?Linux%B4%D8%CF%A2%2F%A5%C8%A5%E9%A5%D5%A5%A3%A5%C3%A5%AF%A4%CE%C4%B4%BA%BA

Linuxでネットワークトラフィックを監視する方法
http://news.mynavi.jp/articles/2010/07/30/linux-freebsd-net-traffic-tools/index.html

トラフィック量をリアルタイムに監視する「iftop」
http://www.ahref.org/tech/server/server-tips/801.html