平成30/ 2018-12-14 11:08
権利の上に眠る者は保護しない
( Thanks. )
http://blog.akihabara-law.jp/mannenkou/2009/11/post_2373.html
「権利の上に眠る者は保護しない」というのは、時効の理由の一つです。時効には取得時効と消滅時効とがあるわけですが、消滅時効の典型例は、債権が10年で消滅するというもの(民法167条1項)。債権があるのに(支払期限が来て)10年間も請求しないことがあるのか(なお、正確には、単に事実行為として請求するだけでは完全な時効中断効が生じないので、債務承認の一筆などが重要な意味を持ってくる)といっても、多くの債権債務関係を多重的に有する会社組織においては、色々な理由で忘れられていたり後回しにされている債権もありがちです。

#key#権利の上に眠る者は保護しない