平成30/ 2018-10-23 21:59
自然法

// Thanks.
http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q1283059777
ところで「自然法」とはユダヤーキリスト教的な思想背景から出てきている法思想の概念です。一番上には「神」の法があります。しかしそれはすべてを人間が理解することのできない法です。神様の法ですからね。そこでその神の法でも人間がとりあえず直接知ることができる法があると考えました。それが「自然法」です。端的に言うと「モーセの十戒」を思い出せばよいでしょう。「汝、殺すなかれ」とかです。その下に「人間」が作った法があります。法思想上の概念では「実定法」と言います。

「ユダヤ人虐殺」とおっしゃっているのがいつの時代あたりの話なのかわかりませんので、例えば20世紀のヒトラーの時代のことだと仮定しますと次のようになると思います。当時のドイツ法思想では「実証主義」というのが流行ってまして、法というのは上記の「人間が作った法」すなわち「実定法」しかないんだ、という考え方です。だから人間が「良い」、「悪い」と決めればそのとおり法律にしちゃってもいいんですよ。「ユダヤ人を殺しちゃおう!」と思ったらそうしちゃっても良い、というところまで突き詰めるといってしまうわけです。まぁそういう理屈で本当に20世紀の「ユダヤ人虐殺」が行われたどうかは知りませんが、そんなふうに考えることもできるでしょう。

#key#自然法